アドミッションポリシー
2. 主体的に学び、考え、自らの幸せと向き合う意欲を有する人
3. 大学合格だけでなく、その先の未来まで見据えた努力を惜しまない人
4. 以上を踏まえ、自らの意志でUTUWAを選択できる人
※募集定員は8名です
※叶えたい夢の実現のために多浪している人を優先的に支援します
一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラム
UTUWAには、浪人生用の「年間カリキュラム」や「年間授業予定」といった統一的なカリキュラムは存在しません。
一人ひとりの現状と目標に合わせて完全オリジナルのカリキュラムを作成します。
教材選びからそのペース配分はもちろんのこと、習熟度の確認をどのタイミングで行うのか、さらには習熟度が達していなかった場合は、その都度カリキュラム自体を修正しながら臨機応変に志望校への道筋を提案していきます。
毎週行われる1対1の個別チュートリアル
チュートリアルでは受験という長期目標から各模試に向けた中期目標をそれぞれ立て、それらをもとに1週間・1日単位で学習計画を立てます。
各目標が達成できたのか、達成できなかったなら原因は何なのかをその都度振り返り、担当講師に相談しながら次の目標設定の改善や具体的な行動に落とし込みます。
綿密な計画を立てるよりも、刻一刻と変化する状況に応じて試行錯誤しながら修正する力を養うことを重視しています。
また、チュートリアルはどの大学・学部を志望するのか、ひいては将来の夢やどのように生きていきたいのかといった自らの幸せについて考える機会にもなります。
常識にとらわれず、自分だけの未来を思い描くことで、より一層のモチベーションに繋がります。
最大5名の超少人数ゼミ
ゼミは、基本的に予習を前提とした反転授業の形で行われます。
従来の講義型(知識やテクニックを一方的に習う)の集団授業や質問対応型(演習で出た疑問をその場で解消する)の個別指導とは異なり、生徒が主体となってディスカッションや生徒自身が解説をしたりと、様々な言語活動を通して本質を学び直します。
言語化するという高次な学びによって、深く本質を理解できるだけでなく、今まで一方的にインプットしてきた知識同士が繋がる感覚を得られます。
ただ、イメージしてもらえれば分かると思いますが、一つひとつを丁寧に言語化することは非常に時間がかかります。
そのため、ゼミの人数は最大でも5名まで(時には1対1)とし、一人ひとりにしっかりと時間をかけることができるように設計しています。
各教科のゼミは週1~3回(時期による)行われますが、より具体的なゼミ内容に関しましてはQ&A(アンカー?リンク?)をご参照ください。
定着度を測る確認テスト
自学やゼミを通して学んだことが定着しているかを確認、分析するためのテストを定期的に実施します。
実施のタイミングは習熟度に合わせて講師から提案することもあれば、生徒自ら申し出て実施する場合もあります。
各自で丸つけを行ったものを回収し、講師がそれをチェック、正解であっても理解が不十分だと判断した場合は、その問題のポイントを解説をしてもらい、再度類題を出題します。
受験はどれだけ頑張ったかではなく、点数という数字で判断されるのが現実です。
どれだけ自分では分かったと思っていようとも、確認テストで結果を出せなければシビアに評価し、何度でも同じ範囲を繰り返してもらいます。
いつでも質問できる自習環境
UTUWAでは仕切りの一切ないオープンなスペースに、生徒だけでなく講師も座っています。
そのため、いわゆる”職員室”のような区切られた空間へ行くよりも遥かに心理的なハードルが下がり、自学中にふと湧いた疑問もすぐに質問することができます。
ただし、講師に質問したからといって、すぐに正解を教えてもらえるわけではありません。
質問というのは本来、自分の考えと解説との違いを見つけ、仮説を立て、検証し、それでも分からないときにするべきものです。
「先生、全然分かりません。」と自分でも何が分からないのかが分からない段階の質問に即答することは、(たしかに「先生、すげー。」とはなるかもしれないが…)生徒が自ら考える機会を奪うことに他なりません。
そんなときは、「解説のどの部分に疑問を感じたの?」「それで、どう考えたの?」「ポイントはどこだと思う?」と逆に質問で返しながら、思考を深めていく手助けをします。
安心の月額固定料金
UTUWAでは多数のコンテンツを用意しておりますが、生徒一人ひとりの習熟度や理解力、ひいてはやる気や性格にも配慮し、その子にとって最適なコンテンツを柔軟に組合せながらオーダーメイドのカリキュラムで指導しています。そのため一般的な塾のように受講数に応じて変動する料金体系ではなく、月額固定の料金であらゆるサービスが受けられる料金体系となっております。

高卒生:100,000円

※別途、消費税がかかります。 ※入会金、施設利用料等、上記受講費以外にかかる費用はございませんが、市販のテキスト等は自費でご購入いただく場合がございます。


卒業生インタビュー
勉強の効率についての考え方が変わって、勉強が楽しくなった。
2018年度卒業生 井上裕梨さん(茗溪学園卒)
Q.進学先を教えてください。
鹿児島大学医学部医学科です。

Q.UTUWAで浪人して良かったことは?
・自分が出来ないこととか、分からないところをちゃんと理解できるまで先生に教えてもらえたこと。
・私のレベルにしっかり合わせて問題集とか参考書、大学を選んでもらえたこと。
・忙しいのに先生たちが時間割いて相談にのってくれたこと。
・レベル高い子がたくさん居たから刺激を貰えて、モチベ低くなることはあったけど頑張れた。
・高校生とか中学生に教える機会を貰えた。
・勉強疲れてしまった時とかに、友達や先生やバイトの方々と気軽にお話しできる環境があった。

Q.UTUWAでの1年間を振り返って、一番頑張ったと思うことは?
復習ですかね…。
復習のシートみたいなのとかファイル入りきらなくなるんじゃない?くらい書いたし、問題集とかの表紙に絶対覚えたいのをふせんに書いて何回も目につくようにしてた。あとルーズリーフの勉強方教えてもらって実践してた。それでも忘れるし覚えられなかった。

Q.UTUWAで一番影響を受けたことは?
勉強の効率についての考え方。
以前までは、問題の数をこなしてたくさん解き方とか知識を増やすのが効率が良いと思ってた。けど、UTUWAきて、1つの問題からどれだけの問題が解けるようになるかを考えて復習する方が効率いいと教えてもらって、確かにと思ったし、勉強するのが楽しくなった。自分で、こういう問題作れたりするじゃんって考えるのが楽しかった。
今だと試験前とか、友達から効率良いねとかなんでそんな覚えられるのとか言われるので、この考え方でやってるからなんだよな〜と思って生きてます。

Q.UTUWAで得られた一番の財産は?
勉強の仕方。
授業受けて宿題やるしかしてこなかったから、自習して成績を上げるなんてどうせ頭良い人だけじゃん、私には無理と思ってた。けど、先生たちがたくさん考えてくれてそれに沿って(自分流もいれて)勉強して、成績上がる経験をできたのはデカかったなぁと思う。

Q.最後に将来の夢・目標や大学で頑張っていることを教えてください。
茨城の地域医療に貢献することか、総合診療ができるような知識をつけることが今のところの目標です。あとは自分の病院いつか建てられたら良いなという感じです。
大学はあんまりきついと思うことがなくて、強いて言うなら試験前の勉強を友達と協力して必死に頑張ってるくらいです。圧倒的に浪人の時の方が頑張ってた。だから大学が本当に楽しいです。
計画さの重要さを、僕はウツワで学んだ。
2018年度卒業生 歳森光さん(土浦二高卒)
Q.進学先を教えてください。
大阪大学理学部生物科学科生物科学コースです。

Q.UTUWAの第一印象は?
先生方はとても明るく、過ごしやすい雰囲気がある一方で、勉強するときは静かで集中できる環境があると思いました。

Q.UTUWAに決めて良かったことは?
自分的には他の浪人生が見える、同じ空間で自習をしているので、自習中に怠けそうになったり、疲れたりしても、他のみんなも頑張っているから頑張ろうと気持ちを入れなおすことができるところが良かったです。
また、単純に自習がメインというシステムが良かったです。自分は集中が続かないため、先生の話を聞き続ける授業というものが嫌いでした。そのために、自由な時間に休憩や仮眠も挟める、自習主体の塾というのが自分に合っていたと思います。
あとは、毎週、先生方と面談する時間があるのですが、勉強の進捗状況などを相談でき、計画を立て直したりも何回もして、受験勉強まで効率的な時間の使い方が出来たと思います。そのような面談の機会があるため、些細な勉強の悩みも相談することができ、それに対して、真摯に対応してくださるので、とてもストレスも少なく、安心して勉強に集中できる環境を整えられます。

Q.UTUWAでの1年間を振り返って、一番楽しかったと思うことは?
毎日のご飯の時間が一番楽しかったです。友達や先生方と一緒にご飯を食べながら、しゃべっている時間が自分はとても好きでした。

Q.UTUWAでの1年間を振り返って、一番頑張ったと思うことは?
勉強時間です。
自分は要領が悪い人間なので、理解も遅く、勉強する時間でカバーしないと他の人たちに負けてしまうと思っていました。教科にもよりますが、自分は勉強時間さえ取れば、苦手科目もなんとかなると思います。

Q.UTUWAで一番影響を受けたことは?
計画性の重要さを自分はUTUWAで学びました。
上でも少し述べたのですが、UTUWAでは年間を通して、かなりの数の勉強計画(長期、短期の計画共に)を立てると思います。この計画のおかげで受験勉強はスムーズに、教科にかける時間の偏りも少なく、全ての教科を平均的に力をつけれたと思います。 現役の時などはかなり無鉄砲に勉強に取り組んでいました。この科目の受験が近いからこの教科しなきゃなどと、その場しのぎの勉強をしていました。計画って大事だなと思いました。

Q.UTUWAで得られた一番の財産は?
1人でも黙々と物事に取り組める力だと思います。
UTUWAは授業がないので、全て自分次第の塾です。自分が勉強しなければ、成績も上がらないし、志望校に受かることもできないと思います。UTUWAでの浪人生活を経て、大学でも自分1人で勉強できるようになりました!

Q.最後に将来の夢・目標や大学で頑張っていることを教えてください。
自分はまだ将来の夢を明確に持つことができていないので、大学生活を楽しみながら様々な資格を取ろうと今頑張っています。
大学は自分の専門分野以外の勉強をできるので、簿記やドイツ語の授業など2年生になった今も継続して行っています。
自分の弱さと向き合うことができた。
2019年度卒業生 鹿島翔太さん(竹園高校卒)
Q.進学先を教えてください。
立命館大学理工学部です。

Q.UTUWAで浪人しようと思ったきっかけは?
自分は一浪時代に駿台に行っていましたが、駿台では授業の予習復習に忙しく、自分の弱点を埋めたり、自習をする時間が少なく感じていました。その結果、本番で弱点の箇所が出た時に解けませんでした。
そこで、個人に合わせて対応してくれるUTUWAを知り、ここでもう一度努力してみようと思いました。
Q.UTUWAの第一印象は?
先生同士の仲がいいなぁー、でした。実際入ってみると、その通りで生徒と先生の距離も近く感じました。そのため、質問もしやすかったです。部活のようだったように思えます笑。
Q.UTUWAに決めて良かったことは?
自分の弱点をうまくつぶせたことです。
自分はセンター試験が得意でなかったのでそこの対策を自分に合わせてやってもらえたことはとてもありがたかったです。
また、二次試験対策では、英語の英作文などを細かく見てもらえたので、本番でも自信を持って答えることができました。

Q.UTUWAでの1年間を振り返って、一番大変だったと思うことは?
自分の勉強の仕方を修正したことです。
以前の自分はテスト直しなどで答えを見て、なんとなく分かった気になっていました。しかし、UTUWAに来て、テスト直しをはじめとして、先生方に熱心に見てもらえたおかげで、テスト直しの重要性を知ることができました。そのおかげで、テストで間違えたところは確実にできるようになっていました。大変でしたが、とても重要でした。

Q.UTUWAでの1年間を振り返って、一番頑張ったと思うことは?
自分は国語の成績がUTUWAに来る前は安定していませんでした。国語は相性や、と本気で思っていました。(今でも少し思いますが‥)しかし、文の構造や問題文から答えを導く考え方を教えてもらい少しずつ伸びているように感じていました。
また、ケアレスミスがとにかく多い人だったので、そのミスの仕方や対策も個人に合わせて対応してもらえたのは本当にありがたかったです。

Q.UTUWAで一番影響を受けたことは?
自分の弱点、間違えるときの特徴と向き合うことです。
以前は、テスト直しや演習中でも間違いがあっても「ミスしたなー」で終わっていました。しかし、UTUWAに来て、なぜ間違えるのか、どうしたら今後起きないか、をしっかり対策するようになりました。それにより、自分の弱さと向き合うことができるようになりました。
これは受験だけでなく、一生重要なことだと感じて居ます。それを大学生になる前に身につけられていることで、将来的に有利だとも感じています。

Q&A
ご入会について

入会テストや共通テスト◯割以上といった基準は特にございません。一人ひとりの現状と目標に合わせて完全オリジナルのカリキュラムを作成しますので、現状がどのようなレベルであっても、またどれだけレベルが離れている大学を目指していても問題はありません。
もちろん、現状と目標がかけ離れていればいるほどカリキュラムは大変なものになりますので、それを実行するだけの強い意志を持っていることが唯一の入会基準と呼べるかもしれません。

コンテンツを見てもらえれば分かるように、UTUWAの指導は一人ひとりに多大な手間と時間がかかります。全員をもれなく指導するためには、8名という人数は決して少ない人数ではありません。
入会者が8名を超える場合はお断りすることになりますので、予めご了承ください。

UTUWAのシステムは、自習することの大切さや価値を理解している人、たとえば学校の授業の在り方に疑問を抱いたことがある人や浪人したのに成績が上がらなかった人などに最も効果を発揮すると考えています。
多浪生の多くは学校や予備校で受けた授業に限界を感じていることと思いますので、そういった意味で多浪生を優先しています。

① HPのお問い合わせフォーム、Instagramのダイレクトメッセージ等から、説明会・体験のご連絡をお願いします。
② ご希望の日程が決まり次第、説明会・体験を組ませていただきます。
③ ご入会の意志が固まりましたら、講師にお伝えください。入会書類をお渡しいたします。

見学や体験について

はい、可能です。HPのお問い合わせフォームもしくはInstagramのダイレクトメッセージにてご連絡ください。ご希望の日程を調整いたします。

はい。お手数ですが、HPのお問い合わせフォームもしくはInstagramのダイレクトメッセージにてご連絡ください。ご希望の日程を調整いたします。

いいえ、見学・体験の費用はいただいておりません。ですので、お気軽にお申し付けください。
※ただし、体験後にご入会いただいた場合にのみ、体験日の初日から受講費の換算をさせていただきますので、ご了承ください。

指導方法について

当然ですが、受かる人もいれば落ちる人もいます。こちらのアドバイスを柔軟に受け入れる素直さと志望校に絶対受かるんだという強い気持ちがあれば、成績はまず間違いなく上がります。
しかし、それでも志望校に合格できる保証はありません。特に、今までほとんど勉強してこなかったり、E判定からスタートする人は志望校とのギャップに絶望してやる気をなくしたり、慣れない勉強漬けの生活に耐えられなくなったりします。
実際、そのような理由で自分に負けてしまい劇的な成長を遂げても志望校に届かない生徒は何人もいます。これはUTUWAに限った問題ではありませんが、それなりの覚悟をもっていらしてください。
志望校までの最短ルートは提案しますし、できる限りのサポートもしますが、「道」を歩むのは受験生ご本人ですから。

講師が常に生徒の様子を見回り、声かけを行っていますので、そのタイミングでぜひ気になるところを聞いてみましょう。
また、週1回以上のチュートリアルで質問の仕方も指導します。個性的な先生がたくさんいるので、質問だけでなく、たくさんお喋りしてみましょう。

例えば、英語では「過去形はそもそも何を表現するためのものなのか」「文化・思想的な背景から未来表現を考えてみる」「それがなぜ仮定法の問題とわかるのか」といった本質的な理解ができているかを議論しながら確認しています。一見めんどくさそうに思いますが、生徒が主体的に学び、言語化することで単純暗記よりもはるかに定着度が増し、さらには難解な入試問題にも応用が利くようになります。
数学では、典型問題の解法が問題を見た瞬間に浮かぶかどうかを早押し形式でチェックしたり、さらにそもそもなぜその解法を選択したのかといった本質的な理解ができているかの確認をします。また、受験期終盤では入試問題から抜粋した初見問題の発想や解法について議論したり、目の前で共通テストを解いてもらいながら、問題用紙の余白の使い方から時間の使い方といった戦略の立て方を指導したりと、より実戦を意識したゼミを行っています。

基本的には市販の参考書・問題集を扱います。一人ひとりの現状と目標に合わせて年間カリキュラムを組む中で、最適な教材とその使い方を提案します。
市販している教材が書店で見当たらない場合は、お声がけいただければ、こちらでご用意させていただくことも可能です。(費用は受講費と合算となります。)

受講費について

入会金はいただいておりません。施設利用費に関しましても、受講費に含まれておりますので、別途いただくことはございません。

お振込、口座振替をお選びいただけます。
毎月第4月曜日に口座振替が行われますので、お振込の方も合わせてお願いいたしております。

受講開始日から、月末までの日数*1が1〜7日の場合「1/4月」、8〜14日の場合「2/4月」15〜21日の場合「3/4月」、22日〜の場合「1ヶ月」の受講費となります。

途中退会の場合、その月の1日から、最後の通塾日までの日数*1が、1〜7日の場合「1/4月」、8〜14日の場合「2/4月」15〜21日の場合「3/4月」、22日〜の場合「1ヶ月」の受講費となります。 *1…休校日も含めた日数となります。
ex1) 高校1年生が4月12日から通塾を開始した場合、4月30日まで「19日」ございますので、4月受講費は高1,高2生、3/4月の30,000円となります。
ex2) 高校3年生が5月10日で退会した場合、5月1日から「10日間」ございますので、5月受講費は高3生、2/4月の22,500円となります。

質問可能教科や通塾回数について

はい、可能です。
それぞれの講師で得意とする科目が異なりますが、基本的に全教科の勉強法の指導は可能となっていますのでご安心ください。

決まっておりません。開校時間であれば、いつ、何回来ていただいても構いません。ただし、講師とのやりとりでルール等を守れない場合は、その限りではありません。

※現在コロナウイルス対策として、現役生に限り各学年週1回オンラインでの対応をしています。また、事前に出席申請を行い3密を避けた調整を行っております。

はい、可能です。遠方の方でもUTUWAのサービスを受けられるようオンラインでのカリキュラムもご用意していますし、実際、2020年度(本年度)の浪人生の1人はオンラインのみで受講しています。
もちろん、家に勉強できる環境があり、誘惑に負けない強い意志が必要なのは言うまでもありませんが、それさえあればゼミやチュートリアルといったコンテンツはオンライン上でも問題なく受講できます。

講師について

UTUWAには社員が7名(講師6名、事務1名)在籍しております。
このQ&Aで書ききれるほど特徴のない先生はいません。
個性的なメンバーがみなさんを歓迎します。
詳しくはHPの講師紹介のページをご覧ください。

志望校や文系理系、生徒の性格などを考慮して講師達で話し合い、担当を決めております。
ご希望や、万が一不満等ございましたら、遠慮なくお申し付けいただければと存じます。

その他

はい、可能です。
毎年、総合型選抜(旧AO入試)で合格する子が数名います。
普段からROKUROで論理的な文章を書く練習を行っていますし、小論や面接対策が受験に必要だとなった場合は、さらに個別でサポートが入ります。

夏期講習といった講習期間はございません。集団授業や個別指導を行う塾であれば、長期休暇中は生徒の通塾時間が増えるため、授業のコマ数を増やすために講習を設けていますが、UTUWAのコンテンツは長期休暇だからといって特に何かが変わるものではありません。

合格実績は公表していません。
おそらくこれからも公表しません。
理由は「合格実績は公表しません(リンク)」をご覧ください。

1階部分が駐車場になっており、そこに駐輪スペースを設けておりますので、自転車での通学も可能です。

1階部分に1台分、建物の裏手に8台分の駐車場をご用意しておりますので、送迎の際にご利用いただけます。また、車で通学したい場合も駐車場を利用できますので、遠慮なくお申し付けください。