安部ブログ

安部の幼少期 #2 「ワイルドだねぇ」

 

みなさん、ご機嫌よう。

飛行機になった男、安部です。

 

さてさて、前回に引き続き安部の生い立ちを追っていこうと思います。

 

 

 

 

 

~前回のあらすじ~

飛行機になることが夢だった安部少年は、UTIWA(ウチワ)で飛ぶことに成功した。

努力の甲斐あって夢が叶ったわけだが、果たして彼はその後どんな夢を追いかけていくのだろうか……

※詳しくは「安部の幼少期 #1」をご参照ください。

 

 

 

一度飛行機になってしまえばなんてことはない。

飛行機になるという夢が現実のものとなったいま、

あの2時間に及ぶ努力がまるで嘘だったかのように情熱を失っていた…

 

 

 

「次は何になろうかなー。」

 

 

 

あの日から数年経ち、小学3年生になった安部少年。

未だ決まらぬ夢を夢見て、公園の木の上でぼーっとしていた。

 

 

 

この頃の安部少年はというと、

温泉で有名な大分県別府市に移り住み、

学校に行けば毎日殴り合いの喧嘩、

家に帰ってきては速攻で外に遊びに行き、

時に血だらけになって帰ってくる、

スーパーアクティブな少年に育っていた。

しかしその一方で、

ほとばしるエナジー、溢れるパッションを持て余してもいた…

 

 

 

「お母さん、今日友達が遊びに来るけん。」

 

 

 

おや?今日はどうやらお家に友達が遊びに来るようです。

当時流行っていたNINTENDO64のマリオカートでもやるのかな?

 

 

 

ピンポーン…ガチャ…

「「「「こんにちはー。」」」」

 

 

 

いつもの仲良し4人組の登場です。

ん?でも待てよ?コントローラーは4つしかないんじゃ…

 

 

 

「じゃ、お母さん外行っちくるね!」

 

 

 

 

 

 

 

…………お気づきだろうか。

ゲームのコントローラーは4つ。友達は4人。そして、安部少年は…

もう1度聞こう………お気づきだろうか。

 

 

 

母もさぞ心配したことでしょう。

しかし当時の安部少年にとっては、ゲームなんかより

公園を走り回ることの方が遥かに価値があったのです。

そんな安部少年を見かねた母が運命の一言を放ちます。

 

 

 

「あんたは野生児みたいね。」

 

 

 

 

 

 

 

ズキューーーン

ズキューーーン

ズキューーーン

 

 

 

「は、母上…いまなんと?」

(もちろん当時はこんな口調ではないが、こんな気持ちでしたというのを表現した)

 

 

 

「いやだから、野生児みたいねっ…

ズキューーーン

ズキューーーン

ズキューーーン

 

 

 

「これや!!!」

 

 「俺は野生児になる!!!」

 

 

 

ひょんなことから野生児になるという新たな夢(すでに野生児感満載ですが…)を

ゲットした安部少年。

これから彼は夢に向かってどんな行動をとっていくのでしょうか。

このときはまだ誰も知る由もない…あんなことが起こるなんて…

 

 

 

 

 

はい、ということで今回は新たな夢を見つけるまでの

ちょっと成長した安部少年の姿を追ってきました。

次回のテーマは『純粋無垢な少年が野生児になるまで』

 

それではみなさん、よいお年を。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です