まずはこちらをお読み下さい岡本ブログ

もう受験だけを目的とした勉強はやめませんか?

いつからか受験に興味が持てなくなった。

それでもなぜ受験生を指導するのか。

それは、「夢実現の予行演習」の機会として利用できるからなんだと思う。

(したがって、受験以外でそれを代用できるなら、受験じゃなくてもいい。)

 

 

自分の夢や目標を見つけたとき、

ゴールを設定して、期日や手段を決め、それに向けて努力する。

その過程を学べるのは、子どもたちにとって貴重な経験だと思う。

 

受験は、夢への道ほど複雑ではない。

先輩たちからのたくさんの「置き土産」があるし、

選択肢が多くないので、やるべきことを明確に設定しやすい。

最初からすでにゴールまでの道が見える状態、と言えば分かりやすいか。

 

 

そんな受験を通して、子どもたちが学ぶべきは

「目標達成の意志力」と、「1日の重み」だろう。

 

目標に向けた生活をたくさんの「イレギュラー」が待ち受ける。

今日はしょうがない、今日だけは…という今の自分への甘えが、

目標達成の可能性を少しずつ下げていくわけだ。

1日くらいできなくても…という未来の自分への甘えが、

挫折するのに十分な「借金」を目の前に山積みしてくれる。

 

夢には、今自分が立っている場所からしか到達できないし、

しかも、夢が大きければ大きいほど、到達までの時間がかかる。

わずかの期間も継続できない人間に、夢をかなえる力などあるはずもない。

 

1日の大切さを理解し、不測の事態にも負けることなく、

自分がやるべきことを淡々とこなす。

受験でフォーカスすべきはそこなんだと思う。

 

 

そう考えると、

誰かに言われただけの道を、誰かに言われた通りに、

誰かに引っ張ってもらいながら進むような受験勉強に

いったい何の価値があるのか。

 

多くの教育機関は、子どもたちに何を伝えたいのか?

岡本にはそれが分からない。

 

とまぁこのへんにしましてね。

受験生よ、受験出来てほんまに幸せやなーおい。

家族や学校の先生、周りに感謝しろよーほんま。

「本番」を経験して、たくさんたくさん学んでおいで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です