岡本ブログ

心の強さは顔に出る

 

「これからの教育」と題して、今日は講演会でお話する機会を頂いた。

 

当初は参加者が5名くらいしかいないと聞いていたので、

こりゃディープな話し合いができそうだと思っていたら、

50名を超える方にお越しいただいたようで…本当にありがとうございました。

 

下手っぴなプレゼンを上達させるためにも、少しでも多くの方に幸せになってもらうためにも、

今後講演活動は増やしていくつもりだ。

(でも、まずはUTUWA生の皆さんに。もっと貢献したいと改めて思う。)

 

 

 

 

先日、といっても半年ほど前か、

ある女性に会いに行った。

教育系のお仕事をされる23歳の、笑顔の素敵な女性。

 

衝撃だった。

彼女とお話したのは2時間ほどだったか。

僕は必死でノートを取り続けた。

子どもと向き合う覚悟の差とでも言うのか、

僕は己の未熟さを大いに恥じたのだった。

 

どうしてそので、そんな域まで達することができるのか。

彼女の生い立ちを聞いて、それが理解できたのだった。

(今日の講演でお話したなかにも、彼女から学んだことが織り込まれている。)

 

 

 

いつも微笑みを浮かべていられる人は、強い。本当に強い。

 

辛いこと、悲しいこと、悔しいこと。

でもどうすることもできないこと、

それでも立ち向かおうとすること。

 

そうやってたくさん苦しんできた人が見せる笑顔が、

魅力的に見えるのは必然なのかもしれない。

 

 

 

僕が今日も、

環境に反応して、感情や表情がうつろうのは、

うまく笑顔でいられないのは、

こわい顔をして相手を威圧するのは、

に僕自身の弱さにある。

弱さゆえに、心を乱されてしまう。

 

 

 

僕はあといくつの悲しみや虚しさに出会えば

素敵な笑顔で笑えるんだろう。

今日お会いした素敵な笑顔を見て、またそう思った。

 

 

―人として、強くありたい。

 

 

 

 

講演会でおもろいことを何一つ言えんかったわー

今度はもっとぶっこんでいったろー

って感じの記事を書こうと思ってたはずだが。

 

なぜこうなったか逆に教えてほしい岡本でした。

(あれこのブログの閉じ方…お一人には分かって頂けるかも。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です