小石ブログ

ゲームを正しく理解する

どうも、万事屋UTUWAの小石です。

 

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

キングダムはお読みになられたでしょうか。

未だに読んだよ!!の声がないことに、

哀愁を感じております。

 

 

さて、いよいよ明日はハロウィンですね。

 

UTUWAでは僕たちが仮装をするので、

楽しんでもらえたら幸いです。
(本当に仮装する”だけ”ですが)

 

 

高2以下の茗溪生諸君はUTUWAテストも

明日開催だから忘れないように。

 

 

さて、なんだかイベント盛り沢山な今日この頃ですが、

 

最近ゲーム熱が再燃しております。

 

 

「いや、お前ずっとゲームやってるやろ。」

と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、実は先日あった大会を最後に

 

ほぼやってませんでした。

 

ちなみにその大会の結果は日本17位でした。

練習時間があればもう少し頑張れました、悔しい。

 

やってるゲームは簡単に言えば銃を

撃つゲームです。

「レインボーシックスシージ 」

というのでぜひ調べてみてください。

 

 

さて、ゲームに関して

「なんでこのイベントいっぱいのタイミングなの!?」

「タイミング悪くない!?」

 

そんな意見も飛んできそうですね。

 

そう思う方はゲームを、いや、

 

趣味を正しく理解できてません。

 

 

 

 

今回はそんな間違いを僕の

「ゲーム」

についてで話していこうと思います。

 

 

まず多くの人が、

ゲームをしてる人に対してマイナスの

イメージを持っています。

 

 

それは

ゲームしてる時間がある=勉強(仕事)してない

のような謎の等式があると思ってるからです。

 

 

確かに僕が見てる生徒では、

該当する生徒が何人もいます。

 

 

お前のことだからな??

 

 

しかし、そのような人たちが行っている

ゲームは「趣味」ではなく、

「サボり」です。

 

 

 

あくまでも趣味というのは

やることをしっかりやった上での休息時間で

行われるものでなければいけません。

 

 

しかし、世の中の多くのゲーム好き(主に高校生以下)

はやることを放っておいてやりたいことだけをしています。

 

 

それを見かねた親たちはゲームをやめろ、

と言うわけです。

そりゃ言われますよね。

 

 

しかし、ここで考えて欲しいのは

「ゲームの禁止」

が必要なのではなく、

「ゲームは休憩にやる」

というルールが必要だと言うことです。

 

 

これはやることやってゲームしてる人にしか

わからないと思うんですが、

忙しい合間にやるゲーム

 

滅茶苦茶面白いんですよ

 

 

ゲームだけしててもなんの意味もないことに

やってみて初めて気づくんですよね。

 

 

なのでそこの勉強もせずゲームをしてる貴方。

まずはやることをやって、それからやりましょう。

 

僕は大学をしっかり卒業しながら、

死ぬ程ゲームが上手くなりました。

 

 

正しく趣味を楽しむことを理解したいですね。

 

 

 

 

それにしても僕って、

 

ゲームは全国レベル。

空手は県一位(この話は後ほど)

数学は校内一位(この話も後ほど)

先週も言った通り容姿端麗。

 

 

 

 

こいつ何やらせてもすげぇなおい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です