満里奈ブログ

我が名は、◯◯◯カ!

 

タイトルでピンときたあなた、、、

 

もしやあなたも、彼に射止められた経験がお持ちなのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が名はアシタカ!!!!!

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、

 

ジブリの名作、「もののけ姫」の

アシタカ様でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画を鑑賞した一部の方からは、

「玉の小刀手放し問題」の声もあがっておりますが、

 

 

 

 

 

紛うことなき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My BEST 二次元男子、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アシタカ様でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、このアシタカに焦点をあて、

私の大好きな作品、もののけ姫を語ろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

とは、思っておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、アシタカまったく関係ありません。

 

 

 

すみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はただ、

ここ最近UTUWAで広がりつつある、

 

 

 

私のあだ名?について、

一言申し上げたく、

 

 

 

ブログを書いていく所存であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあだ名とは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤカタ (=親方)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近UTUWAで~  と前述しましたが、

 

私と「親方」の最初の出会いは、遡ること10年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時担当していた高卒男子に、

 

唐突に、、、

本当に唐突に、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「満里奈山親方~」

 

 

 

 

 

 

と呼ばれたのがすべての始まりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼とはとても仲がよく、

姉弟のような、師弟のような、、、そんな関係でしたが、

 

 

 

 

 

 

師弟が強く出過ぎたんですかね、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、そのように呼ぶのか、彼に聞いてみたところ、

 

 

「頼もしいから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ姉御とかでいいじゃんよ

 

 

 

 

 

そんな言葉も、でかけたのですが、

 

 

 

 

 

 

そいつなりの親しみを込めてくれていること、

そして、初めて生徒からあだ名をつけられたことに、

 

私は少なからず、喜びを覚えたのかもしれません。

 

 

 

 

 

まあ、彼だけ呼ぶならいいかと、

野放しにしてしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次第に、

「満里奈山親方」の9文字が

 

 

彼にとって、しんどくなっていったのか、、

 

 

 

 

 

 

気づけば、

「親方」と呼ばれる自分がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、やはり、

彼だけ呼ぶならいいかと、野放しに。

 

 

 

それに、

彼が私のことを「親方!」と呼んだところで、

 

同じように呼ぶ(ヤバイ)生徒は、他には一人もいなかった。

 

というのも、野放し要因のひとつでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう呼ぶ生徒は、たしかにいなかった。

 

 

 

 

でも一人、面白がって

「親方~!」と呼ぶやつがいたんです。

 

 

 

 

 

 

 

それが後の相方。

A部T祐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまあ、

そうは言っても、

 

 

「親方」なんて呼ぶのは、

A部先生と名付け親の生徒だけ。

 

 

 

 

そして私は、彼らを再び野放しにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、それが大きな間違いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名付け親も、無事卒業し、

A部先生も別校舎に移り、

 

「親方」のあだ名も消失。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし心休まる日々も、そう長くは続きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

数年後、

 

A部先生が塾長を務める教室に、

やつが現れたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の名は、

K石R太朗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼のキャラクターを把握したA部くんは、

当然のように、彼に「親方」を吹き込みます。

 

 

 

 

そして無事、

「親方」復活。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日から、早7年。

いまでも親方は健在です。

 

 

 

 

 

 

 

そして今、

このUTUWAで、

 

K石の意志を継ぐ子どもたちが

 

 

 

 

続々と増えつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その意志は、できることなら継がないでほしかった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どすこい」

「ごっつぁんです」

 

こんなあいさつがついてくることも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、親方歴7年のK石くんに関しては、

 

「親方」に飽きたのか

 

ドスコイヤーと呼び始める始末。

 

 

 

 

 

 

K石くん。

それはプロレスラーか、なにかかい?

 

 

 

 

 

 

 

 

どすこい! + する人(-er) だから、

 

ドスコイヤーですよ!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、いいです。

 

 

もう、いいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロレスラーみたいな名前で呼ばれるくらいなら!

 

 

 

 

今日から私は!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が名は親方!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただね、、、

 

 

 

 

 

 

 

ただね、君たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親方の指示は絶対だかんな。

 

 

 

 

 

 

ちゃんちゃん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です