安部ブログ

挑戦とワクワク

みなさん、ご機嫌よう。

オンラインサロンのメンバーにこのブログを見られていたらしく動揺しています、安部です。

 

 

 

ところで皆さん、昨日の岡ちゃんのブログ読みました?

ブログからの離脱率がやたら高いらしく、今日のミーティングでも何やら嘆いておりましたが、
僕はあんな感じのちょっと難しい文章が大好物です。

 

分からない、難しいと感じたときにワクワクするのは僕だけでしょうか?

想像力をはたらかせて分かった!なるほど!となったときにドーパミンがドバドバ出てくるのは僕だけでしょうか?

 

思えば僕は昔から難しいことに挑戦したり、考えるのが好きだったように思います。

 

 

 

 

 

初めて映画館で映画を観たのは6歳だった。その映画の名は『ウォーターワールド』。

 

まさかの洋画、そして字幕だった。

 

大した漢字も読めない幼稚園児ではあったが、途中で飽きることもなく最後まで一生懸命観ていた。
物語のほとんどが理解できていないはずなのに、とてもワクワクしたのを覚えている。

 

 

 

小学5年生のとき、親から中学受験はするのかと聞かれた。

 

受験がどんなものかもよく分からなかったけど、すると即答した。

 

難しそうで、なんだか楽しそうだったから。

 

 

 

中学に入って、バスケットボール部に入った。
小学生までは体操や水泳、野球をやっていたが、どれも少し頑張ればすぐに人並み以上にできるようになった。

 

でも、バスケはいくら頑張ってもなかなか上手くならなかった。

 

毎日毎日家に帰ってからもドリブル練習をした。
少しずつできることが増えていって、またできないことが増えて、そんな毎日が楽しかった。

 

 

 

高校時代、心理学に興味を持った。

 

図解とかの分かりやすい本ではなく、専門書を読んだ。

 

分かりやすいけど詳しくないより、分かりにくいけど詳しい方がそそられるから。
それに何よりそっちの方がカッコいいじゃん?

 

 

 

思い返すと色んな挑戦をしてきたけど、
難しい方というよりもワクワクする方に常に向かっていたように思う。

 

 

 

挑戦するって本当に楽しいんだよなぁ。

 

これからもずっとワクワクすることに時間を費やしていきたい。

 

生徒にもこの想いが伝わるように、

 

今日も今日とて15秒チャレンジ動画を講師一同頑張ってまいります!

 

 

 

それではまた来週お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です