小石ブログ

壁だと思うから壁になる

どうも、UTUWAの北斗神拳伝承者小石です。

 

 

実は人生で初めて読んだ漫画が北斗の拳です。

 

 

当時小学生、親に怒られた記憶があります。

 

 

 

 

さて、

 

昨日たけさんも書いていましたが、

 

 

今週からUTUWAでは新しい試みが始まっています。

 

 

今回はその中のHRについて紹介したいと思います。

 

 

 

ちなみにこの略称、H(ホーム)R(ルーム)ではありません。

 

 

 

 

H appy  

R evolution 🌈

 

 

 

 

です。(名付け親はA部くんです。生徒からはダサいの嵐です。)

 

 

 

今月の明細メールにも動画が添付されていたとは思いますが、

 

 

この場で簡潔に説明をすると、

 

 

予定立ての仕方、授業の聞き方などを個別単位で行うのではなく、

 

 

学年全体で行おうといったものです。

 

 

 

 

僕は毎週水曜日(今日です)に

 

現高校1年生の学年担任としてやっていきます。

 

 

 

まだ試運転なので試行錯誤していく中でになりますが、

 

 

 

何か変化があれば報告していけたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

このように現在新しいことに取り組もうと

 

 

試行錯誤してるわけなのですが、

 

 

 

皆さんは何か“壁”にぶつかったことありますか??

 

 

 

新しいことへの挑戦。

 

 

今よりも高みへ。

 

 

 

そういったものを考えたとき、壁を感じると言います。

 

 

 

この言い方でお分かりの方もいますよね??

 

 

 

そう、

 

 

 

 

僕は感じません。

 

 

 

 

 

だんだん僕という人間が見えてきましたね。

 

 

 

 

壁というのは壁と認知するとその瞬間に、

 

 

登らなければ進めないものと定義されます。

 

 

 

 

けど登るのって嫌ですよね、

 

 

疲れるし、大変だし。

 

 

 

 

そもそもなぜ壁にぶつかってしまうのか。

 

 

 

 

それは自分が達成できるかわからない、

 

 

どうやったらいいのかわからない、

 

 

といった疑問からぶつかることが多いように感じます。

 

 

 

しかし、ここで思考の変換を行ってください。

 

 

 

目標達成のためにどうせ必要なら、

 

”壁”ではなくそれはあくまで”道”ではないか、と。

 

 

 

壁と感じるから躊躇してしまうのであって、

 

 

道と捉えれば歩けばいいだけになりますよね。

 

 

 

もちろん、

 

 

その道は歩きやすく舗装された道だけではないと思います。

 

 

ゴツゴツしてたり、

 

 

水たまりが多かったり、

 

 

傾斜があったりと。

 

 

 

 

ただ、一歩一歩進めば確実にゴールにたどり着きます。

 

 

 

 

壁の前で立ち止まってしまうよりも、

 

 

少しずつ進んでるんだ、という感覚を持てると

 

 

今よりも前向きになれると思います。

 

 

 

結局物事は捉え方ってことです。

 

 

 

見る角度を変えてみると、

 

 

+の方にも-の方にも転んでしまうので

 

 

+の方に進めるよう考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今週の日曜久々に(東京へ)遠出をするのですが、

 

 

来週はその話をしたいと思っています。

 

 

 

 

家から出るのは辛いですが、

 

 

 

 

 

頑張って外出ます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です