川口ブログ

明日、決戦の日

こんにちは、決戦前日の川口です。

 

 

明日何があるかというと

 

そうです、有馬記念です!

競馬を知らなくても、有馬記念知っている方は多いと思います。

(書いてある通り今年のメンバーもすごいんです!)

 

本当にこれだけはブログに書かせて欲しい。笑

そんなこんなで僕は今日は午前中仕事をして、

午後は明日の予習をしっかりする予定です。てか予習しないと勝てないです。

(仕事しろよといくらでも言ってください。今日明日だけは絶対有給使います。お許してください。)

 

 

そもそも予習って何するの?と思う方いると思います。

そんなに難しくないです。だって勉強と同じ要領だからです。

 

ざっくり勉強の予習って…

①明日の授業の単元の確認

②教科書読む。(今時は動画もあるので動画をみる)

③今回の範囲のポイントチェックしとく。

④実際に例題解く。

⑤分からない所チェックして、明日の授業で注意して聞いてみる。

最後に、授業を受けて、やったことを復習する。

これのサイクルですよね。

 

競馬であっても全く同じです。

①明日のレース24R(中山、阪神12Rずつ)の情報(キョリ、芝かダート)を確認。

馬場状態確認する為に天候のチェック

③競馬新聞(インターネットだとnetkeibaとか)を読んで出走馬の情報確認。

④実際に前日あったレースの結果からどんな展開になりそうかチェックする。

⑤よく分からない所は当日にパドックでチェック。

最後に、レースを見て、何が悪かったから分析する。

同じサイクルですね。

 

勉強の予習って何のためにするかご存知ですか?

色々メリットがあると思います。

ただ僕が思うに「授業の価値の最大化」だと思います。

何も知らないで授業を聞くより、予習して少しでも「わかる!」がある状態で

授業に臨んだ方が頭に入ってきやすいです。

 

その点に関しては競馬も同じです。

いくら目利きなギャンブラーでも予習しないと格段に勝率は下がります。

当日のパドックやオッズだけみても実際にレース走れるかは血統や調教の様子、最近の成績を加味しないとわかりません。

だから僕は勝つためにしっかり予習します。あと予習して行った方が楽しいからね!

 

だから僕は本気でやるときは必ず予習をします。

本気でないときは予習までしないけど、復習は絶対します。

それは勉強でも競馬でも同じです。

どうしてもめんどくさい、時間がないとやらないままにしている人いませんか?

そこを我慢してやってみてください。きっと君たちの成長につながるから。

では最後に、今回僕が一番伝えたかったことは…

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんな今日は早く帰って、明日の有馬記念の予習をしよう!」

 

 

 

 

またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です