岡本ブログ

こめた想いは顔にでる

 

昨日はUTUWAの忘年会だった。

酔っぱらった航汰先生の話がとても興味深かった。

 

 

彼も現行のキャリア教育に疑問を抱えており、

その熱量と深い洞察にはとても驚かされた。

 

 

航汰先生との付き合いは長く、

小学生の頃から知っている、というか教えていた。

 

 

成績は優秀で、運動もできるし、イケメンで、面白い。

ところが、高スペックな彼にも弱点があった。

そう、意志の弱さだ。

 

 

その弱点が、彼から色んなものを奪っていった。

高3時にはとうとう学年順位最下位。

部活にも遊びにも中途半端で、

彼の廃れた精神は顔ににじみ出ていた。

 

 

再起をかけ、(岡本のせいで)過酷な1年間の浪人生活を送り、

志望校に奇跡的に(といっても彼の実力からすれば奇跡でもなんでもない)

合格し、大学生になった。

 

 

しかし、大学生になっても

彼の笑顔に昔のような輝きは戻らず、

充実した生き様ではなさそうだった。

 

 

心配しつつも、しばらく見守っていようと

そう思っていた矢先だったので、

彼の話を聞いたときは正直驚いた。

 

 

才能がありながら、

それをいかせず苦しんで苦しんで苦しんで…

そうやって悩み続けている航汰先生だからこそ、

 

同じように苦しんでいる子たちの気持ちが

痛いほど分かるんだろう。

 

彼のアイデアは、

彼にしか見ることのできない切り口で語られた。

 

 

そこに想いが乗ると、

アイデアも表情も、生き生きとし始める。

 

 

酔っ払いの横顔に、

ここ数年見た覚えのない輝きを、確かに見た瞬間だった。

 

 

せっかくの航汰先生の想い、

ムダにしないように、彼と一緒に

UTUWAのキャリア教育を加速させようと思った。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です