満里奈ブログ

テストをしてます

冬になると、実家から白菜や大根を大量にもらいます。

 

相方と2人なので、消費に困ってしまう…

かといって自炊しそうな人は… おか、たけ、りょた、たく… ひとりもおらん!

 

よし!消費しかない!!

 

そう意気込んでつくってみた漬物。

消費、全然余裕ですね。漬物大好きまりなです。

 

 

 

 

 

 

先週末から今週にかけ、

高2にある試みをしています。

 

 

それは、

「中学英文法できるかなテスト」。

 

 

単語も文法も、

高校入試レベルの問題を解いてもらおうというもの。

 

 

 

 

 

高2に中3内容って、さすがに舐めすぎじゃない?

そう思う方もいるかもしれません。

 

 

 

 

でも、高校英語を学ぶ上で、

中学英文法をマスターしておくことは非常に重要だと

私は思っています。

 

 

 

 

 

というのも、

 

高校英語で学習する、約20の英文法単元。

そのうち、高校で初めてでてくるものは、

 

仮定法

分詞構文

間接話法

 

この、たったの3つです。

それ以外はすべて中学英語の延長。

 

中学英文法を把握していることを前提に、高校英語は進むのです。

 

 

言い方を変えれば、

中学英文法が入っている子どもたちは、

高校英語も、問題なく習得できるはず。(※単語力はまた別物ですが)

 

 

 

私はそう思い、このテストをやることにしました。

 

 

 

また、もう一つ検証したいことがありました。

 

 

中高一貫校の生徒は

中学英文法の定着が怪しいのではないかというもの。

 

中高一貫校には、高等部にあがるための大きなテストはありますが、

公立中学生にとっての、「県立入試」ほどの重みは、やはりないのではないか。

 

 

 

 

それを調べたいということもあり、

今回のテストを実施するに至りました。

 

 

 

まだ検証中なので、どうなるかはわかりませんが、

このテスト結果から、

いまの自分の現在地をひとりひとりに知ってもらい、

志望校への最適ルートを、一歩を踏みだしてもらいたい。

 

そう、思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ明後日は、センター試験。

 

高卒生、高3生のみんなが

最大限の実力を発揮できるよう、願いを込めて…

 

 

 

ちゃんちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です