岡本ブログ

その涙をながす理由

 

少々見にくいが、上の写真は、

とある飲食店で食事をする男女を撮影したものだ。

 

 

ここで問題。

この写真を見て、あなたはこの場面から何を読み解くか。

 

 

 

 

男女とも顔にナプキン押し当てている。

どうやら二人は涙を流しているのだろう。

 

昼下がりの飲食店で男女が泣いているなんて、

よほど何か悲しいことがあったのか。

 

 

 

実はこれ、

右の女性は親友の温かい想いに涙を流している一方で、

左の男性はそれを見て笑い泣きしている場面なのだ。

 

 

 

どうだろう?

おそらく、その場に居合わせて、

事の成り行きを一部始終おさえた者だけが分かるだろう。

 

そう、写真を見ただけではまったく分からないのだ。

 

 

 

 

注意しなきゃいけない。

この写真から男女の心情を読み取ったように、

 

 

僕たちは、その場の情報だけで、

物事を軽率に判断してしまうことに。

 

 

一度見ただけで、聞いただけで、会っただけで、触れただけで、

〇〇はこんなもんだ、

〇〇はこんな奴だから、

〇〇なんてたいしたことない…

そうやって簡単に決めつけていないだろうか?

 

 

目の前の現実はそんなに単純じゃない。

安易な決めつけは、ときに危険だ。

 

 

 

 

そしてもう1つ。

さらに注意しなければいけないことがある。

 

 

それは、あなたの周りの人たちのほとんどが、

そうやって安易な決めつけであなたを評価すること。

 

 

すぐに思い当たるんじゃないか。

 

 

長時間懸命に勉強していたあなたが、

つかの間の休息に漫画本を手を伸ばしたとたん、

母親が部屋に入ってくる。

 

マンガ本を手にしたあなたを見るやいなや、

「またマンガばっかり!少しは勉強したらどうなの?」

 

“現場”をおさえられたが最後、

もはや何の言い訳にも母親には届かない…。

 

 

一瞬で決めつけられる好例だろう。

 

 

 

ところで、人はどうしてそんな瞬間的に、

あなたの言動を、ときに謝って解釈できるのか。

 

 

そう、経験則だ。

 

 

過去の経験から、

あなたが勉強をサボってマンガを読んでいる、

その可能性が高いと判断されたわけだ。

 

 

だから母親は、何のためらいもなく

怒りをあなたにぶつけたのだ。

 

 

 

人はそうやって、過去の経験に照らして、

物事を一瞬で決めつけてしまうことが多い。

 

 

だからこそあなたには、

過去に引っ張られることなく、

 

目の前の事実にだけ目を向け、

正しく判断する習慣を身につけてほしい。

 

 

そしてまた、

人が過去の経験に基づいて、

一瞬で物事を解釈してしまう生き物だと理解したうえで、

 

誤った決めつけを防ぐ手立てを考えるなり、

何も分かっていない外野の声を一切気にせぬなり、

適切な行動をとってもらいたい。

 

 

 

それにしても、

友愛の涙を流す女性を前に、

涙を流すほど笑っている男性はいったい…。

 

 

 

どうぞあなたの好きなように解釈して頂こう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です