満里奈ブログ

20代

 

 

こんな張り紙をつくって、下駄箱に貼ってみました。

正しい手洗い方法とうがい方法も、水場に掲示。

 

 

みんな見てくれるかなあ、やってくれるかなあ。

 

そんな不安もあったけど、

小学生も中学生も高校生も、

 

張り紙をみたらスプレーの場所をキョロキョロさがして、

水場にいって手洗いうがい。

 

 

 

 

ああ、なんて素直な子たち(TΔT)

 

 

 

 

そんなほっこりした気持ちでブログを書いております、まりなです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の人生を振り返ったとき、

一番自分に影響している年代ってありますか?

 

 

そして、それはいつですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

私は2〇年くらい生きていますが

私にとってのその期間は、

 

高校を卒業をしてから結婚するまでの約10年間。

 

 

 

 

ものすんごく濃くて、

凄まじく刺激的で、

 

「現在のわたし」の9割くらいをつくりあげているのは、

この10年だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでこんな話をしたかというと、

さっきある生徒に言われたんです。

 

 

 

自分は空っぽだ~

全然ダメだ~

先生みたいになれない~

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、

そりゃそうでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしがあなたより何年多く生きてると思ってるのよ。

 

その分、たくさんの人に会ってきたし、

いろんな経験をしてきたつもりだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が高校生のとき、知らないでしょ?

 

 

信じられないくらいピュアというか、

うーんとにかく弱かったと思う。

 

 

わかりやすい例を出すと、

 

冗談で言われた「死ねよ~」とかにも、過剰に反応して、

 

「え、まじで帰り道とかに死んだらどうすんの?」

とか思っちゃうくらい。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、高校を出て、

いままでいた場所からポンと離れた。

 

 

 

家、家族、親しい友達。

いままで当たり前に甘えられた存在から離れ、不安を感じた。

 

理想と現実のギャップに悩んで、自分に絶望したこともあった。

 

お金を稼ぐことの難しさも、

仕事って甘くないんだなってことも、

 

社会の知らない部分を知った。

 

 

 

 

 

でもその一方で、

 

離れても変わらずに繋がっている、大切な仲間の存在に気づけた。

今の自分を認め、受け入れて、理想への歩み方がちょっとずつわかった。

 

自分を理解してくれる人と出会い、結婚を通して「家族」の重さを知った。

家族から、ずっとずっと愛されたことも、いまならちゃんと理解できると思う。

 

仕事は甘くない。でも、だからやりがいがある。

そして、自分には、笑顔にしたい人がいるってことも知った。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく本当に、

濃すぎるくらいの時間、見たことのない世界が、

高校を卒業したあとに私を待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

だからね、

高校生は、空っぽだっていいと思う。

 

自分が空っぽに感じていたって、いいと思うよ。

 

 

 

 

もうちょっとしたら、

ものすごくたくさんのイベントが待っていて、

新しい自分にたくさん出会えるよ。

 

 

 

そう思うとワクワクしない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話をしたら、

彼女は、なんか楽しみになってきた。と笑ってくれました。

 

 

 

 

 

 

ふと思うと、

ここにいる子たちは、

 

まだまだ人生のスタートラインにいて、

 

 

UTUWAを卒業したその先に、

たくさんのイベントが待っている。

 

 

 

 

卒業したあとに、

彼や彼女たちがどんな人生を歩み、

何を感じていくかで、

 

きっと彼らは、

今私たちが見ている彼らからは想像できない姿になるのでしょう。

 

 

 

 

そう、ふと思ったら、

私もワクワクしてきた。

 

 

この子たちが私と同じ年くらいになったとき、

どんな大人になっているのだろう。

 

 

 

 

 

 

卒業してからもつながっていきたいな、と

改めて思った、そんな夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です