長坂ブログ

あなただから、きっと聞く。

 

 

こんにちは、火曜日担当の長坂です。

 

 

すっかり春ですね。蟻がちらほら出てきていて、

 

 

公園でせっせと食べ物を運んでいるのを見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

前回の投稿の最後の方に、「直感を大事に」と言っていたのですが、

 

 

最近その直感がいい具合に働いているというか、

 

 

自分の欲しているものに間違いがなく

 

 

いい具合に進んでいるような気がします。

 

 

 

それでもやっぱ決断するときは一旦考えますけどね笑

 

 

 

 

 

 

特に気づいたというか、思ったのは

 

 

ある記事が目に止まってから
(Twitterで偶然見つけて、以前気になっていた人だと気付きました。https://cakes.mu/posts/29145)

 

 

その方の本を買って

(幡野広志 2020年「なんで僕に聞くんだろう。」幻冬舎出版)

 

 

 

 

「良い」というと月並みな言葉でなんともいえないのですが、

 

 

見つけられてよかった、と思えたことです。

 

 

 

 

 

 

一般の方の相談に対して、幡野さんの回答を

 

 

ほぼ原文で記載している本です。

 

 

 

 

 

 

幡野さんの視点というか、価値観というか

 

 

これも月並みですが、個人的には素敵だと思います。

 

 

 

 

 

 

少し引用しようと思って記事や本を開いたら、

 

 

やっぱり気になって2項目くらい読んでしまいました。

 

 

寝ようと思った時もふと「1項目くらい見てから寝よう」と思うと

 

 

3つ4つ平気で進んでしまっています。

 

 

そういうタイミングでふと我に帰ると

 

 

自分が「いいかも」と思ったものは僕にとって「やっぱりいい」ものだなと。

 

 

そういう判断を下した僕の直感は、

 

 

僕の中で間違ってないなと改めて実感できます。

 

 

そしてこれは僕自身の自己肯定にも繋がるのだと信じています。

 

 

 

 

 

 

この記事の幡野さんのお言葉にもありますが、
(https://r25.jp/article/788556496995259484)

 

 

”「他者からの評価・目」ではなく、「自分の評価・目」を気にすること”

 

 

という考えがとても刺さりました。

 

 

 

 

 

 

前回の僕のブログで、「自分のことは自分で」的なことを書きましたが、

 

 

自分のことを自分で決める必要があるというのは

 

 

結局、外野の目や評価はその時々で変わるくらい

 

 

めちゃくちゃ適当ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

人の目っていい加減です。

 

 

 

 

 

 

 

だから、そこに振り回される必要なんてないんだと。

 

 

自分の物差しを信じて、自分自信を評価することに

 

 

本当の意味があるのだと気づかせてくれるものでした。

 

 

そういう意味でも手にとってよかったと思えます。

 

 

 

 

 

 

 

他にもたくさん興味深いやりとりが記載されています。

 

 

 

個人的には

 

 

・子供の人生は親を幸せにするためにあるのではない

 

 

・「風俗嬢に恋をしました」では伝わらない

 

 

・相談者は読まない方がいい回答

 

 

 

 

 

 

この辺に熱さを感じました。

 

 

 

本屋さんに出ていたので、是非手にとって

 

 

気になる項目を読んでみるだけでもいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

僕はこの感覚を大事に成長できるよう、

 

 

今日も一生懸命、普通に生きようと思います。

 

 

 

 

 

 

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です