満里奈ブログ

明日は…

いよいよ明日が計測日と迫った今日この頃。

 

3日前から水だけで乗り切ろうとしているまりなです。(うそです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

かれこれ小6のときから続けてきたダイエット。

 

 

 

すべてのはじまりは、当時の同級生、Jくんでした。

 

勉強でも運動でも張り合っていたライバルの彼が、

急に給食を2人分食べ始めたこと。

 

あのときなぜ私は、食べる量までも彼と張り合ってしまったのか…

 

 

 

 

そしてその後、中学でバスケ部に入り、

過酷なハードワークを毎日こなし、スリム体系間違いなしコースに進んだ!

 

 

 

…はずだったのに

 

 

 

 

背をどうしても伸ばしたくて、

 

背が伸びることを売りとする乳酸飲料、その名も

「セノビー(カルピスとヤクルトの間みたいな白い飲み物 ※カロリー高め。)」を

スポドリ替わりにガブガブ飲んだ日々。

 

 

試合でバテちゃういけないからと、

試合前に食べていたパン。

 

その数… 10個。(※個包装)

 

 

 

 

 

 

 

結果、両足を疲労骨折。(これはまじ)

 

そして私は、

 

あぁ、

自分はどんなにハードワークしても、痩せない身体なんだな~

 

という壮大な勘違いを、自分の頭に刷り込んでしまうのでした。

 

 

 

 

 

小学校と中学校でため込んだあのカロリー。

すべて身体からちぎりたい…

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生の時、

好きな人を振り向かせたくて励んだ、〇リーズブートキャンプ。

 

 

失恋と同時にやめました。

 

 

 

 

 

 

成人式直前は、

 

トマトジュースダイエットがうわさになり、

 

ごはんもお肉も我慢してトライした

1週間トマトジュースのみダイエット。

 

 

 

 

 

プラス2キロの結果に、ブチ切れてやめました。

(原因:どれだけ飲んでもいいと思っていたこと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに結婚式に向けては、

めちゃめちゃ頑張って(とはいってもスイッチ入ったのは5カ月前からですが)

 

 

断食や筋トレやサウナやなにやらもろもろ~を。

 

 

結果7キロ減だったんですが、

極端にやったので、挙式後すぐにプラマイプラスであっさりリバウンド。

(翌日には3キロくらい戻りましたかねw)

 

 

 

 

 

 

 

 

とまあ、私のダイエット史というのは

本当にひどいものなんですよ。

 

 

 

 

なにがひどいって、

いろいろと浅はかすぎる。

 

 

まあ

だから、小6からずっと続けていることになってるわけなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは、

「2020年末日まで、1カ月ごとに1キロ減。」も

 

なめてかかるとやばい。

 

 

最初の1、2カ月はなんとかなっても、

その後絶対落ちていくわけない。

 

 

年齢も考えると、

さすがに「1キロでしょ?余裕~♪」なんて言ってられるわけもなく、

 

 

 

これは、

食事はもちろん、運動もちゃんとやらなあかん。

 

 

 

 

バックに〇石がいる限り、

達成できなかったときが怖すぎる。

 

 

 

 

そう思い、

 

今回は、無酸素トレーニング、有酸素トレーニング、食事管理の3つのアプローチで

挑んでおります。

 

 

 

 

 

具体的には、

 

なるべく高カロリーのものを避け、

夜ごはんはあまり遅くならない時間までに済ませること。

 

毎日30分筋トレをし、

その後20分以上踏み台昇降をすること。

 

適度にタンパク質を摂取すること。

 

 

 

そして毎日必ず体重を図り、一喜一憂すること。

 

 

を行ってます。

 

 

 

 

 

 

最初は順調だったのですが、

途中急に体重が増えて、ものすんごく萎えて

 

危うく

豚バラブロックでもバク食いしてやろうかと思ったんですが、

 

 

一生懸命やってるにも関わらずのこの原因が、

どうしても知りたくて

 

一度ちゃんと調べたんです。

 

 

ノート3ページ分くらい。

 

 

 

 

 

てか、ここで初めて私は、

身体の仕組みみたいなものとちゃんと向き合ったんですよね。

 

 

 

 

いままでは、

夏限定で筋肉オタクになる相方にいろいろ教えてもらって、

 

「へ~」「ふ~ん」とか言いながら

 

まあ、こんな感じならうまくいくだろ!

 

となんだかんだで自己流でやってたんですよ。

お恥ずかしいんですけど・・・

 

 

でも、今回は初めて

自分からちゃんと知りたくなって、

痩せる仕組みを調べたんです。

 

 

 

 

そこで、

水分量の可能性とか、

筋トレの成果により筋肉が増えている可能性とかが見えてきて、

 

とりあえず自分のやっていることは

成功への過程で必要なものであり、

間違いではない。ということがはっきりわかりました。

 

 

 

そのときすごく嬉しくて、

ああこのまま頑張ればいいんだな。

 

今日も明日も、頑張ってこうって、すごくポジティブになれました。

 

 

 

 

そして、

 

あ、なんか自分変わったなあ、と感じた瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気でやって

結果がでなくて、

そこでおしまい。

 

 

 

 

そうじゃなくて、

 

 

 

本気でやって

結果がでなくて

 

おしまいにしたいと思っても、

 

 

 

おしまいさせるちょっと前に

 

ほんのちょっとだけ、

「なんでだったんだろ?」って振り返る時間があれば

 

 

その先の未来が、180度変わるのかもしれない。

 

 

 

 

 

振り返りって、そんなすごい可能性を秘めてるんだなって

 

なんか今回しみじみ思ったんですよね。

 

 

 

 

 

 

で、これって勉強も一緒だなあって思うんですよ。

 

 

振り返り大事振り返り大事。

 

その理由ってたくさんあるけれど、

 

明日も引き続き頑張るきっかけを見つけられるから、

前を向くために大事なのかもしれないなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しょうもないダイエット黒歴史から、

こんな話につなげてしまいましたが、

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

なんかいろいろと語っちゃいましたが、

明日の計測クリアしないと、ほんと元も子もないので、

 

ひとまずなんとか頑張ります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です