人はこうして成長していくんだなぁ

 

みなさん、ご機嫌よう。安部です。

 

依然としてグミはどこにも見当たりませんが、ついに生徒への献上品をゲットしました!

それがこれ!

 

 

バッジ!

えぇえぇ、朝の7時にファミマに行きましたよっと。

10代の少女たち(ガチファン勢)が並ぶ中、30過ぎのオッサンが痛い目で見られながら並びましたよっと。

プレゼントした生徒がすごく喜んでくれたので良しとしましょう。

 

 

 

さてさて、今週はとある高3生についてのお話。

 

 

 

「3月いっぱいまで通っていいっすか?数Ⅲやっておきたいんです。」

 

大学合格を決めたその日に彼は言ってきた。

 

これだけ聞くと、なんだかすごく真面目な子のように聞こえるかもしれないが、

そんなことは決してない。

 

彼を表す言葉があるとしたらそれは”瞬間湯沸かし器”。

その瞬間はものすごくやる気になるんだけど、それも一瞬だけ。

 

どうしても自分事として受験を捉えられない。

どこか他人事のように「何とかなるんじゃね?」と言っては、のらりくらりと勉強していたのが現実。

 

そんな彼が変わったのは、第1志望に落ちてから。

もっと言うと滑り止めだと思ってた大学に落ちてからかな。

 

どうにもならない現実に直面して初めて彼は変わったように思う。

 

受験という期日の決まった戦いにおいては、その気づきはあまりにも遅すぎた。

それでも、そこからの頑張りは目を見張るものがあった。

 

これをやらなければ受からないよと言われた課題をただやるだけ(時にはやらないこともあったな)だった子が、

次の入試日までにこれをやった方がいいと思うんだけど、どうかな?と提案してくる。

 

あぁようやく自分の人生を歩き始めたんだなってそう思った。

 

僕らがどれだけ語り掛けようとも、親がどれだけ声をかけようとも、

悲しいけれど結局、自分次第なんだよね。

 

ある子は本気で勉強し始めたときに、ある子は模試の結果で、ある子は受験結果で…

ある子は部活で追い詰められたときに、ある子は人間関係が上手くいかないときに、ある子は就職活動で…

 

誰もがどこかしらのタイミングで気づいていく。

自分で戦う以外に道はないと。

 

こと受験においては確かに遅すぎた。(それでも第3志望には受かったので悪くはないのかもしれないが…)

でも、人生においては遅すぎることなんてないよね。

 

きっと君の人生はこれから輝いていくんだろうな。

自分の足で歩み始めたその道が、君だけの幸せに続いていくと信じています。

 

 

 

それではまた来週お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です