今の季節が一番好きや

 

こんにちは、まりなです!

 

昨日は母の日でしたね。

お祝いをしたり、「ありがとう」の気持ちを伝えた方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

 

私と相方は毎年、2人の母に花を送っています。

今年は『ムーンダスト』という花のアレンジメントを送りました。

 

『ムーンダスト』というのは、青いカーネーションです。

 

 

(青というより、紫!に感じますが、花の世界では、青〜紫が青色、と扱われているそうな)

 

 

自然界にあるものではなく、

ペニチュアなどの青い花の色素遺伝子を組み込むことで作られたものです。

 

すべてを優しく包み込む月の光をイメージして作られたそうで、

花言葉は「永遠の幸福」。

 

 

昨日無事届けることができたようで、2人からキレイな画像とLINEが届きました^^

 

 

 

コロナでなかなか会えないけれど、

いつも胸にある感謝の気持ちを、少しでも伝えられていたらいいな。

 

そしてコロナが明けたら、

いろんな話をしながら美味しいものを一緒にお腹いっぱい食べたいな。

 

 

 

 

昔は、『母の日』とか『父の日』ってなんだろうと思っていて、

お母さんとお父さんだけ、誕生日に加えて祝ってもらえる日があって、

なんだかずるくない?、なんて思っていました。笑

 

(自分にも、誕生日とクリスマスがあったことは棚に上げてるんですけどねw)

 

 

でもなんだか今は、この日の存在をありがたいと感じていたりします。

 

こういう日がないと、家族に「ありがとう」なんて、

なかなか改まって言えないし、ちょっと恥ずかしい。

 

でも、気持ちって言葉にしないと伝わらないこと多いじゃないですか。

言葉にしなくても伝わることもあるっちゃあるけど、100%ではないというか、、、

言葉にする必要ってやっぱりあると私は思うんです。

 

そして、「ありがとう」という言葉は、

伝えられた側はもちろん、伝えた側も、

お互いをあたたかい気持ちにさせる、とてもやさしくて尊い、魔法のような言葉です。

 

もし、言葉にしてちゃんと伝えなきゃいけない気持ちランキングがあるとしたら、

「ありがとう」こそが、不動の1位になるんじゃないかな。

 

 

「『母の日』だから言う」

それは、少し形式的なのかもしれないけど、

それを言う1日があるという文化、私は好きだな。

 

まあ、もちろん、

日頃から自然に、「ありがとう」って言うことが大事ですよね。

 

 

『◯◯の日』だから、とか、相手だ誰だとか関わらず、

いつでも、いつまでも、「ありがとう」を素直に言える人でありたい。

 

そんなことを考える、今日このごろ、まりなでした〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です