もっと自由でいい

 

 

どうも、髪を染めた小石です。

 

 

髪を染めたりピアスをあけたり、

 

好きな服を着たり好きなことをやるのに

 

まだまだ不自由な国ですよね、日本。

 

 

まぁ国が悪いというよりかは考えが固い人が

 

まだまだ多いなと思います。

 

 

 

先日美容院にて髪を染めたのですが、

 

僕が髪の色を抜いている時後方の席に女の子が座っていました。

 

 

暇すぎたので聞き耳をたててみると、

 

「実習始まったんですけど、髪色注意されちゃって。」

 

なるほど、どうやら医療系の子なのか。

 

「ブリーチしたけど黒にしないと…」

 

 

出ました悪しき風習。

 

僕が医学界で一番偉い人だったら髪なんて染めまくろう!!

 

って言いますね。

 

だって髪染めてようが医療は必要不可欠なものですからね。

 

誰もそれで医療を受けない!!とはならないですし。

 

 

髪を染めることに関しては、

 

信用が落ちるだの印象が悪いだのいう人がよくいます。

 

 

実際世の中ではそうなってしまっているのも事実です。

 

 

 

高校生では髪を染めると親、学校から怒られ、

 

就職活動では黒髪、就職しても黒髪。

 

 

ピアスやタトゥーなんかも同様です。

 

 

ただ、外見が変わったところでその人の本質が変わるでしょうか。

 

髪を染めたことにより、仕事や勉強する力が低下するわけもありません。

 

むしろ外見を縛り付けることによって、内的に縛り付けていることと同意義だと思います。

 

 

制限が必要なものももちろんあると思いますが、

 

おしゃれなどは自由に楽しめる国になって欲しいものですね。

 

 

最近では色々な職、特にYouTuberなど

 

髪を染めながら働いている人も多く見られます。

 

 

適当に周りに流される人生もいいですが、

 

自分を貫くということも重要だと思います。

 

 

 

 

 

さて、次はどんな色にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です