何のために、誰のために

 

みなさん、ご機嫌よう。安部です。

 

 

 

以前のブログ、「選ぶことからすべてが始まる」で登場した小6の男の子との最近の出来事。

小学校も夏休みが近づいてきており、夏休み中にやりたいことを考えてみようという話に。

 

「それって勉強のことじゃなきゃダメですか?」

 

「別に何でもいいよ!勉強でも遊びでも!やりたいことを挙げてくれればそれで大丈夫!」

 

「分かりました!じゃあ明日までに考えてきますね!」

 

そして、翌日…

 

「どう?考えてきた?」

 

「はい!これです!」

 

そう言って持ってきたメモがこちら。

 

 

うん、すごいの持ってきたね。どのテーマもめっちゃ大事だけど、これ多分夏休み中には全部終わらん笑

ということで、

 

「全部同時に進めるのは難しそうだから、優先順位をつけて順番にやってこうか!」

 

「そうですね!えーっと…じゃあ…これが1番で…」

 

ということで、栄えある1番に選ばれた

「なんのために勉強するのか、だれのために勉強するのか」

を夏休みのテーマとして研究することになりました。

 

一緒にどう研究していくか計画を立て、まずはインタビューをしていくことに。

自分で質問紙を作成して、いざUTUWAの先輩の元へ突撃!

 

「すみません、アンケートに協力してもらえますか?」

 

「キャーかわいい♡全然いいよー!」

 

「えっと…なんのために勉強ってしてますか?」

 

「すごい本質的な質問だね笑。えーそうだなぁ…大学に入るためかなぁ…」

 

「なんで大学に入りたいんですか?」

 

「…これまた鋭い。それは将来やりたい仕事があるからだよ。」

 

「どんな仕事ですか?」

 

「放射線技師って言って分かるかな?それは…」

 

こんな感じでどんどん鋭い質問をしていく。

純粋な瞳でこんなことズバズバ聞くもんだから、聞かれる方もタジタジです。

 

 

何のために勉強するのか。

誰のために勉強するのか。

 

 

皆さんだったら、なんて答えますか?

 

もしご協力いただけるのであれば、コメントで返信とかくれると嬉しいです!

本人に伝えますんで。

 

どこかで研究発表できたらいいなと思いつつ、

今日もUTUWAの先輩を真似してカップ麺をすする少年の横でブログを締めたいと思います。

 

 

 

それではまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です