今どきの若いもんは

 

みなさん、ご機嫌よう。安部です。

 

最近、僕はひそかに楽しみにしていることがあります。

それは高2以下に実施している学年チュートリアル。

 

各講師の元に同学年の数名が集まって、

やれテスト勉強やら、やれ受験勉強やら

といった話をしながら、

これからどうしていくか、どうUTUWAを利用していくか

みたいな話をしてるんですけどね。

 

僕の元に集った高校2年生の3人がまぁなかなか面白い子たちでして。

 

Oくんは、将来海外を飛び回りたい。

これが一昔前なら、

それなら商社だねーとか、パイロットだねーとか。

海外を飛び回る仕事ってなんだろう、その職に就くにはっていう会話になると思うんですけど。

時代は変わりましたね。

「だとしたら職種は何でもよさそうだね。完全リモートの会社に勤めればいいわけだし。

大学生のうちに英語のスキルを伸ばせるような選択肢を選ぶのもよさそうだけど、どう考えてる?」

「そうなんですよ!僕も職のこだわりは全然なくて。だから留学制度が充実してるこの大学が良いなと考えていて…」

という会話になる。

 

Tくんは、時代の最先端、特にVRに興味がある。

フルダイブVR-MMORPGって言って、なんのことか分かりますかね?笑

これは携帯小説とかアニメの未来の設定でよくあるんですけど、

仮想現実にフルダイブ(視覚や聴覚だけでなく、五感で感じることができる、イメージ的にはめちゃくちゃリアルな夢)して大人数で冒険しようって感じのゲームの事です。

これはゲームだけの話ではなくて、実際にフルダイブVRが実装されたとしたら、

そこにはもう1つの現実が存在するわけで、そういった世界観の中で最先端を走っていたいというのが彼の目標なわけです。

また、彼曰く2030年とか2040年の世界にすごく興味があるそうで。

たった10年20年後と思われるかもしれませんが、

20年前に世界中の人がスマホを持ちSNSでつながっている(あるいはポケモンGOをして歩き回っている)世界観を想像できなかったように、

まったく想像もしないような世界が広がっているんだろうなと思うと僕もそれは非常に興味があります。

さらにいうと、その時代には南海トラフ地震なのか首都直下型地震なのか富士山噴火なのか。

何かしらの災害が起きていておかしくないから、そうなったときの日本がどうなってるか、自分はどうしているのかも気になるね。

なんて話したり。

 

Iくんは、最近、食糧問題に課題意識がある。

いまの地球全体の人口増加に伴って食糧問題ってのは必ず課題にのぼるはず。

だから農業とかそういったところをテクノロジーで解決できるような研究がしたい。

「なるほど、たしかにね。いまが大体78億人くらいか?

国連の予測によると2100年くらいになると大体110億人くらいになるらしいから、確かに食糧問題ってのは重要な課題だよね。

いまでも既に海外では、人工的に作ったお肉でミートボールとか作れるみたいだからね。」

「たしかアメリカとか中国でもう作られてるんでしたよね。

でも僕はどっちかっていうと農業に興味があって、北大の教授の論文をこの前読んでみたんですけど、結構面白い研究してていいなと思ったんですよねー…」

「それで言うとさっきの話題にも出た富士山噴火とか起きたら日本の一部の農業は壊滅するだろうから、その辺りの課題解決も今のうちから考える必要あるよねー…」

みたいな会話が展開する。

 

 

 

いや、全然勉強の話してない!

まぁでもこのあと、じゃあUTUWAで何してく?って話はしたんで大丈夫でしょう!笑

 

それにしても、なんか純粋にすごいなーって感心しちゃうんですよね。

しかもそれがお互いにいい刺激になってて。うらやましい限りですな。

 

彼らに置いていかれないように僕も日々新しい情報をキャッチして、

どんどんアップデートしていかなければ!と思う今日この頃でございます。

 

それではまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です