妹の推理は当たるのか

 

月見バーガーが発売されてはや1週間。

まいこさんがいくつ食べたのか気になる今日この頃です。

 

 

妹の見解では、、、

 

姉は幼少期からチーズがあまり得意ではない。

とは言いつつも、程よい加減のチーズはむしろウェルカム。

 

チーズチーズ過ぎるのはNGだが、

かといってチャレンジ精神がないというわけでもなく、好奇心高め。

 

そして、好きなものは最後に残すタイプ。

 

 

ということで、

新作のとろ〜り1個 → ノーマル月見1個 → チーズ月見1個 → からのさらにチーズ月見1個。

 

7日中、計4個、といったところでしょうかね。

 

 

まいこさんがもうすぐ出勤なので、答え合わせは後ほどw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです、まりなです〜

 

 

人に何かを教える、ということを仕事を通して

身について良かったなあと思うことがあります。

 

それは

「相手に何かを伝えたい時には、伝わるような工夫を自分がする」と思考する癖。

 

 

 

塾講師を始めた当初、先輩に

『どこまで掘り下げられるか、それで塾講師の腕が決まる』と言われたことがあります。

 

1つの問いに対して、ある説明をする。

その説明でダメだったとき、使った単語や言い回しを変えたりして、その説明を1段階易化できるか。

それでまたダメだった時、さらにもう1段階易化できるか。

それをどこまで繰り返し、どこまで掘り下げていくことができるのか。

それで腕が決まるよ〜

 

ということだったんですけど、私はすごく納得したんですよね。

 

 

 

そして、自分で実践していくうちに、

単純に、単語・言い回しの易化もそうだけど、

伝える順番、伝えるために使っている手段、声のトーン、さらには伝えるタイミングとか。

 

変化を起こす要因、つまりは自分にできる工夫って、めちゃめちゃたくさんあるなって気づいたんですよ。

 

 

その結果、

「相手に伝わらないのは、自分の工夫が足りないから。つまり自分に原因がある。」

と考える癖がつきました。

 

 

 

誤解がないように補足しますが、

 

自分に原因を帰着させるといっても、

「自分のせいだ〜自分ダメだ〜」とかいうネガティブな感情ではなく、

「じゃあこの言い回しにしたらどうだろう?ここの部分変えてみるか!」とか、

そんな行動につながるポジティブな感情です^^

 

 

 

 

「相手に伝わらないのは、自分の工夫が足りないから。」

 

そう考えるとは言っても、

伝える相手側に「聞こう」とする気持ちがなければ、伝えたいことも伝わんないじゃん。

相手側のせいってのもあるんじゃない??

 

そう思う人もいるかなって思うんですけど、

 

それならひとまず

「相手を『聞く姿勢にする』こと」から始めたらいいんじゃないかなと思うんです。

 

言い回しやトーンの工夫だけでは難しければ、

伝えるタイミングを変えてみる、でもいいかもしれないし、

別の誰かに伝えてもらうっていうのも、工夫の1つだと思うんです。

 

 

 

でもやっぱりそうは言っても、「相手側のせい」って思いたくなる時もあると思います。

「こいつ頭硬すぎるやろおおおお!!」とか。w

 

 

でも、自分がそう思っている限り、解決はしないじゃないですか。

 

結局、自分が変えられるのは、自分の行動と思考のみ。

いくら血縁関係とか、婚姻関係があるからって、自分以外の人は変えることってできないわけで。

 

だから、相手に原因を求める限り、変わらない状況がそこにはあって。

結果しんどくなるのは自分だけ〜みたいになると私は思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

テレビや映画で、「何度言ったらわかるのよ!!!!」と言ってる役者さんに対し、

 

「それって何度も同じこと言ってるからじゃないの?」と、視聴者たちが冷静に突っ込む世界になったら、

それはそれでちょっとアレかもしれないんですが、、、

 

もしこのブログの内容が、

読者の方にポジティブな思考や行動をもたらすことができたなら、本望です。

 

 

 

 

 

 

 

【正解】

新作のとろ〜り1個 → ノーマル月見1個 → チーズ月見1個 → 月見マフィン1個 → チーズ月見1個。

7日中、計個。

 

朝マック∑(゚Д゚)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です